専門家情報


(有) 長原マーケティング研究所
長原 紀子 発信pt:0
ユーザー基本情報
専門家名 長原 紀子
職種・肩書き (有) 長原マーケティング研究所
住所 〒164-0011
東京都
東京都中野区中央1-43-18
1007
電話番号 03-3366-7569
FAX番号 03-3366-7569
メールアドレス メールアドレスを公開している事業者ですが、ログインしていないと見ることはできません。
分野 調査・研究・シンクタンク
・商業系調査・エリア調査

マーケティング・販促
・イベント企画
・販促・プロモーション
・女性市場
・一般消費財マーケティング

業種別コンサル
・消費財・小売

ユーザー詳細情報
簡潔な紹介文 大手百貨店の研究所勤務後独立し、開業して16年になります。小売業を中心にしたリサーチ&コンサルティングを得意分野としています。ミステリーショッパー調査に基づいたストアクリニックやストアコンパリゾン研修なども手がけていますが、特定の手法にこだわることなく、クライアントの課題に対して最適なアプローチを提案していきたいと思っています。
サービス提供可能地域 全国
所属団体、組織 日本マーケティングリサーチ協会賛助会員

青山学院女子短期大学非常勤講師
ユーザー紹介情報
サイトURL http://nagaharaken.jp/
業務サービス紹介 生活者・購買者の視点で、確かな調査、わかりやすいレポート、有効なアドバイスを提供します。

長原マーケティング研究所が携わった主な受託業務の概要です。
<リサーチ&クリニック、リサーチ&戦略提案>
・テナントビル内店舗のミステリーショッパー調査と、調査に基づく接客サービス&VPクリニック
・百貨店の全館リニューアルのための調査とコンセプト・ターゲット設定
・百貨店の婦人服売場再構築のための調査と提案
・百貨店のリビング売場再構築のための調査と提案
・百貨店のレストラン街再構築のための調査と提案
・海外アウトドアブランドの日本における市場再構築のための調査と戦略提案
・海外アウトドアショップ日本進出における立地特性別収支予測
・スポーツブランドのブランド再構築のための調査とブランド戦略提案
・メンズカジュアルブランドのブランド再構築のための調査とMD戦略提案
・輸入ブランドショップ出店のための商圏調査
・ホテル内ショップの出店の可否についての調査および評価
・インターネット接触と買物調査
・ケーキの嗜好と買い方についてのインターネット調査
・雑誌広告についての読者メール調査
・手芸・工芸材料店の顧客ニーズ調査
・給食サービス会社の得意先満足度調査
・百貨店友の会会員のニーズ調査
・シニア市場についての調査分析

<企画&企画情報>
・百貨店の月別販促企画情報の提供
・フルーツデザートのシーズンMD企画
・量販店の月別ファッショントレンド情報の提供

<コンサルティング&アドバイス>
・新百貨店の顧客サービスのあり方について
・車内サービス向上について
・観光物産館の運営方法・VPについて
・専門店の会員情報を活用した販売促進効果測定について
料金システム オーダーに応じてお見積します
経歴 1969年 埼玉大学教養学部卒業、(株)社会調査研究所(現インテージ)入社
1972年 同社退社、(株)伊勢丹研究所入社
(株)伊勢丹研究所では、マーケティング担当として、既存店リモデル、新規出店のための商圏予  測・顧客調査、マーケティングデレクション/伊勢丹・ADOに対する定期的消費市場動向予測・提案などの業務に携わる。
1994年 同社退社
1995年 (有)長原マーケティング研究所設立。
小売業、製造卸業などの市場調査およびコンサルティング業務を手掛けるかたわら、講演、研修、執筆活動を行っている。
業務実績 ■執筆
 ・日経MJ マーケティング面コラム執筆
 ・日本理容美容教育センターウエブサイト「おもためコラム」連載
 ・NTTタウンページDE商売繁盛に「トップの決断で変わる!」連載
 ・FAコミュニケーションセンター発行のF’sに「セールスエッセイ」連載
■著書
「ハートフルセールス」(繊研新聞社)
 「お客様投稿集 だから私はこの店に行きたい」(監修 商業界)
 「CS顧客満足のヒント・朝礼200話」(共著 PHP研究所)
 「お客がわかれば売り方がわかる」(商業界)
 「女性がつくる百貨店」(共著 ストアーズ社)