専門家情報


経営アドバイザー
戸村 智憲 発信pt:0
ユーザー基本情報
専門家名 戸村 智憲
職種・肩書き 経営アドバイザー
企業・団体名 日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長
住所 〒1070062
東京都
港区南青山2-2-8
DFビル5階
電話番号 03-6894-7674
FAX番号 03-6800-3090
メールアドレス info@jmri.co.jp
分野 行政改革・行政情報化
・自治体/行政経営

人事・労務・起業・研修
・人材育成・人材戦略

課題対応コンサル
・内部統制・リスク管理

事業戦略・IT戦略
・セキュリティ・プライバシー
・企業IT戦略全般
・経営戦略コンサルティング

映像・文章・デザイン
・ジャーナリスト

ユーザー詳細情報
簡潔な紹介文 日本の人気講師ランキング3位にランクイン(注)した、一見して難しいことをやわらかく楽しく解説し、一見して簡単に見過ごしがちな物事の奥深さに切り込む講演・指導が各地で人気の講師です。(注:日経産業新聞「啓発に効く講演会選び」)

激変する経営環境に適応するためのオリジナルで新たな対策・経営手法をはじめ、スタンダードなテーマについても新たな切り口や学際的なアプローチの観点から、「知恵づくり職人」(®戸村)として新たな気づきをお届けしています。

経営顧問/アドバイザー、講演/研修(年間120講演程度)、執筆(29冊以上)の3つの柱で、民間企業・官公庁・自治体・医療福祉機関・IT団体・労組・商工会議所など、全国各地で各種テーマを展開し、多くのリピートご依頼を頂いております。

TV出演やTV番組の監修をはじめ、雑誌連載、大規模パネルディスカッション登壇など精力的に活動中。

大阪市出身。早稲田大学卒業。米国MBA(経営管理学修士号)修了。全米トップ0.5%のみに人物評価・成績評価等により授与される全米優秀大学院生を受賞。米国博士後期課程(Ph.D)中退。

国連勤務にて、国連内部監査業務の専門官、国連戦略立案業務専門官リーダー、国連職員研修特命講師、国連主導の世界的CSR運動である「国連グローバルコンパクト(UNGC)」広報・企業誘致業務などを担当。国際的な職場にて、自ら、ダイバーシティやグローバル人材育成・コンプライアンス・リスク管理/危機管理・監査指導・経営倫理・人権指導・倫理指導などに当たりつつ自らも実践する。

民間企業にて、企業役員として人事総務統括や監査統括、岡山大学大学院非常勤講師、経営行動科学学会理事・兼・東日本研究部会長、日本経営協会総合研究所(NOMA総研)顧問、IT企業の(株)アシスト顧問(代表:ビル・トッテン)、上場IT企業のJFEシステムズ(株)アドバイザー、JA長野中央会顧問、某大手商社の人材系子会社のエグゼクティブアドバイザー、某サミット開催ホテルの支配人としての指導、世界的な民間自家用航空機の機長などの総合団体(日本支部)「AOPA」(Aircraft Owners and Pilots Association)の初代コンプライアンス委員会委員長、震災復興支援フォーラムin東京の主宰などを歴任。

コーポレート・ガバナンス・アワード(CG Award)主宰として「勇気あるガバナンス大賞」「勇気ある監査役大賞」「勇気ある通報者大賞」などの大賞選考委員長も務める。

指導先は上場最大手企業から中堅中小企業・電力企業・インフラ企業や、官公庁・行政機関・地方自治体(倫理研修・人権研修・公開講座基調講演など)をはじめ、商工会議所・業界団体・フォーラムやイベントの基調講演、医療福祉機関、看護協会(師長向けセカンドレベルコース)、労働組合、農協(JA)、青年会議所など幅広い業種業態において登壇。弁護士・公認会計士・医学部教授や大手コンサルティング会社のコンサルタントさまなどの、専門家や上場大手企業の各社の経営陣を指導する講師としても登壇しております。

エピソード:

・1児の父として妻とともに子育て・家事・仕事などに取り組む育児パパ「育パパ」

・妻が妊娠してから出産し赤ちゃんとして生活のペースができるまで、前後1年間のほとんど育児休業状態で倒れそうになりながらも身重の妻・生まれたばかりの赤ちゃんサポートに奔走。(出張を含めほとんどお仕事をお断りしておりました)

・幼いわが子に癒されつつも、10歳・20歳と育った際にどう教育というより自然と自ら学んでもらえるように環境を整えられるかということを、いろいろ考えてみたりしつつ、「教育=教え込む」といった「教化」(インドクトリネーション)寄りな対応より、「自育=自ら学び自ら育つ」のを支援し育つ土壌を耕す(カルティベート)ような感じにしていければなぁ・・・と思うこのごろ。

・これまでパイロットとして4回の空中でのエンジン停止を経験し生還。危機管理の重要性を肌身で感じとるとともに、「わかっている」だけではなく「実際にできる」状態にすることが、リスク管理・危機管理において大切だと痛感し指導する。

・難案件をスパッと解決! 日本生産性本部さまからのご依頼で当時はやったIFRS(通称:国際会計基準)と人事で何か話せる人を探しています・・・とのご依頼に即OKで、「なぜIFRS適用がワークライフバランスの追い風になるのか」という人事と財務の内情を把握しているからこそのセミナーを開発し大好評。その他、売上UP&販路拡大&労働環境の改善&経営変革についてすべて盛り込んだセミナー依頼もオリジナルの切り口と総合力で対応。

・各国で実施された「日本語能力試験」にて、東日本大震災と花見の自粛問題についての戸村の見解・リリース文が試験問題として採用されました。旧1級で現在のN1レベルの試験問題となりました。

・某芸能事務所の社長さんから所属タレントさんの不祥事で危機管理広報対応を急きょ依頼され、雑誌1社だけ掲載でその他は炎上なく、かつ、正直に対応し某有名タレントさんが現在も活躍中。

・超大手コンサル会社からアドバイザリーサービスの契約を戸村を指名にて乗り換え: 上場大手企業で高額な割に内容が見合わないコンサル契約を、戸村単独で指名を受けてアドバイザリーサービス全般を受注。

・競合で超大手コンサル会社・監査法人系の大手コンサル会社と3社コンペで戸村が単独で指名され受注。オリジナルの内容や高度な対応力と現場感覚+経営視点での経営陣・現場の両面に寄り添った最適なご支援が好評。

・「内部統制」や各種リスク管理について高額なセミナーで暴利を得るイベント屋さんが多かった当時に、東京の赤坂の早大OB会員制サロンにて、損益分岐点が0人(1人でも参加されると赤字がどんどん膨らむそもそも儲からない設定)で最先端・オリジナル内容を監査法人の代表社員さんや大学教授や競合大手のコンサルタントさんから商社の理事の方、一般社会人、大学院生(院生さんは無償でご招待させて頂きました)などに3000円程度で大公開。金曜夜に乾杯から始める「飲みながらセミナーを聞き、食べながら懇親と裏話大公開」の会を30回開催。(イギリスの「コーヒーハウス運動」にならって飲酒ありの会とした)

・某大学の内部監査体制の整備で予算がない中でどうしても対応しなければならない窮状において、スケジュールの調整がついたこともあり飛行機で九州まで私費を投じて飛んで行って現場で指導を無償対応。

・某自治体で組織運営にお悩みの中、首長(市長)さんや市職員の方々への運営指導や答弁の対応なども無償で指導。

・クレーム対応の指導では、窮状もあり非弁業務として違法行為とならないために一切の見返り・実質的な利益供与を頂くことなく、公益性の高い機関にハードクレームの危機管理術として指南。正々堂々と公式に対応して頂き無事解決。

・しっかりビジネスとしてお金を頂く際は、電通さんや博報堂さんなどからの出演依頼を受けて大規模基調講演などで資金をためて、社会貢献活動に費やしたりしてメリハリをつけた対応。

・その他、業界震撼の提言や超有力監査関連団体の不健全な対応に対して、その団体からセミナーなど出講の「おいしい話」を打診されていたにも関わらず正しさを貫いた対応を公正に実施。多くの監査役(同団体会員)の方がご支援・ご声援頂きつつ、不健全なことを隠ぺいしたままにしないことで、収益源となる同団体からの高額の依頼予定が水の泡になってしまうものの、後ろめたい思いはせずに生きてこれている。

・某大手不動産会社の販売した欠陥住宅をつかまされた方に、無償で他県まで赴いて対応策と弁護士や建築士の賢い活用法などをアドバイス。最終的に周りの多くの方々が「袖の下」のような「黄金色の菓子」ならぬ「重大な瑕疵」を言いくるめられ分断工作まで起こったものの、訴訟で公正妥当に対応に至るご支援を実施。

・自宅の欠陥住宅問題に独力で相手方の一級建築士・弁護士に対応し、補修工事と仮住まい先への引っ越し費用など全額負担して頂き、不法行為・瑕疵担保責任・債務不履行に関して任意交渉で「勝訴的」な解決を引き出す。

・各種事案において相手方弁護士と独力で交渉し、訴訟に至る前に有利な妥結で圧倒的に「勝訴的」な状況を得る。相手の非が明らかであっても悔悛の情もなく、自己正当化に終始されるばかりか、相手を慮って温かい対応をしていることを逆手にとって逆切れ的な対応をされて、どうしても訴訟が必要な場合はためらわず訴訟に踏み切りつつより厳しい対応にも徹する。

・阪神淡路大震災での被災や、米国内での9・11テロに直面や、東日本大震災 の体験など、危機管理・事業継続(BCP/BCM/BCMS)や日ごろからのリスク管理の重要性を肌身で感じていたりする。自宅も耐震器具や備蓄品などを備えていたりする。

本業で稼がせて頂いた資金を社会貢献活動資金として、私費を投じてリスク管理・危機管理・内部統制などの普及啓発活動や社会貢献出版などを含め、公益性高く社会的に意義ある活動をされているクライアントさまには破格の費用での指導・登壇・協力支援を含め、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいる。
サービス提供可能地域 日本全国各地・海外(主に英語が通じる地域)など
所属団体、組織 日本マネジメント総合研究所LLC 理事長
コーポレート・ガバナンス・アワード 主宰
公認不正検査士(CFE)
MBA(経営管理学修士号)
ガバナンス・コード・オフィサー(GCO)
ビッグデータ・ストラテジスト
IoT推進コンソーシアム 有識者会員
マイナンバー・アンバサダー
女性活躍推進コーディネーター
おもてなしプラクティショナー
おもてなしディレクター
ICGN(International Corporate Governance Network) 会員
(一社)日本取締役協会 会員
(一社)ディレクトフォース 会員(最年少)
米国心臓学会認定 救命救急資格者(AHA BLS HCP)
上級救命技能認定(消防庁)
米国連邦航空局自家用飛行機パイロット
第一級小型船舶操縦士
第三種放射線取扱主任者: 国家資格(文科省 原子力規制委員会)
海上/陸上/航空特殊無線技士
防災士
日本内部統制研究学会 正会員
組織学会 正会員
ユーザー紹介情報
サイトURL http://www.jmri.co.jp/
業務サービス紹介 1.経営指導・経営アドバイザー業務
2.基調講演・研修講師・人材育成サービス
3.執筆・メディア出演・寄稿連載など
料金システム 公益性の高い機関の方々などには、損得を度外視した優待レートで対応させて頂きます。

また、一般営利事業者さまにおかれましては、なるべくご予算に合わせて柔軟に対応できるよう検討させて頂きます。

まずはお気軽にご事情・ご予算などと併せご相談下さいませ。
業務実績 ■指導実績一例

年間でおおよそ120本の講演/研修/登壇
 ・電力会社における役員研修・幹部研修
 ・電力関連会社における階層別研修
 ・上場大手総合商社における役員研修・幹部研修・階層別研修・新入社員研修
 ・上場大手製薬企業における全社研修・意識調査・役員研修・幹部研修
 ・上場大手製造業企業における全社研修・管理職研修
 ・官公庁・行政機関・自治体・首長・議員研修における階層別研修・講演会の基調講演
 ・自治体における倫理研修・人権研修・人権講演会基調講演・就職支援の特別講演
 ・商工会議所における攻めと守りの両面での各種講演・セミナー・経営相談会指導
 ・業界団体における講演会の基調講演・全体研修
 ・日本監査役協会における全国大会(全体会)パネルディスカッション登壇
 ・青山学院大学主催の青学会計サミットにおけるパネルディスカッション登壇
・国際的IT展示会CEATEC JAPANにおける基調講演
 ・製薬会社主催の医学部教授・大手病院院長向け特別セミナー基調講演
 ・上場大手IT企業各社におけるユーザー会の大会基調講演・各種セミナー基調講演
 ・上場大手通信会社におけるグループ全体でのイベント基調講演・役員幹部研修
 ・中堅中小企業における経営指導・顧問(16社程度歴任)
 ・医療機関における人事制度・職場改善・モチベーション関連の全体指導
 ・福祉機関における講演会の基調講演
 ・JA長野中央会顧問・各地域のJA中央会での役員研修・幹部研修・全体研修
 ・大手企業の労働組合における講演会の基調講演・幹部研修
 ・各種大手社団法人・財団法人などにおける公開セミナー登壇
 ・TV業界団体における講演会の基調講演
 ・医薬関連企業における講演会の基調講演
 ・上場大手金融機関のコンサルティング会社各社における公開セミナー登壇
 ・その他、上場最大手企業から中堅中小企業、医療福祉機関、業界団体など各種登壇

PDFファイル
戸村智憲プロフィール.2015.Oct.1.pdf
紹介動画