Chinese Happy New Year!


 
分野:建設・不動産(業種別コンサル)
発信pt:0pt
投稿日:2013/01/19

毎年のことですがあっという間に松の内も終わり今年もスタートしました。

我々鑑定業界は年末年始が忙しいのですが今年はとりわけ忙しく、先週の3連休も会社に皆勤賞というありさまでした。

その休みの日に栄で目にしたのが、大通公園の付近でお巡りさんがたくさん警備しているモノモノしい雰囲気のイベント。。
その日は中国の旧正月を祝う春節祭が行われてるようでした。

いままで全然気がつかなかったのですが2007年からスタートしており今年は第8回目のようで年々その規模や参加者を増やしているようであります。

しかしNHKのニュースで放映されていましたが今回は日中関係の悪化からその開催についてスポンサーの問題や会場の安全性が確保できるか、舞踏団は来てくれるのか、という様々な葛藤があったようです。

それでも会場を厳重に警備をして、様々な経済団体とも連絡を取り合って、「いまこそ民間交流をすべきである」という強い信念のもと成功裏に終わらせたようです。

こんな大規模ではありませんが我々鑑定業会でも中国、韓国の不動産鑑定士を招いた国際会議が今年は名古屋で行われます。

膠着状態の政治関係とは関係なく、民間の我々はまさに今だからこそ積極的な交流をしなければならないな-と再確認できたのでした。

2013.1.19 タイの目より
http://www.valuation.co.jp/column/data/000174.php

田井 能久 (不動産鑑定士 )
大学卒業後、国内最大手の不動産鑑定機関に在籍し、公共や民間の多種多様な鑑定評価やコンサルティング業務に携わりました。様々な不動産の評価経験に加え、東京や札幌に転勤し日本でもっとも地価が高い土地・・・


コラムの評価
このコラムが役に立ったかどうか、1から5までの段階で評価をつけてください

この専門家の他のコラムを見る